興信所と探偵事務所の違う所を聞

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、あまり無いのではないかと言ってもいいかもしれません。
共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような違いのない仕事です。
とはいっても、差があるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。探偵に浮気の調査を要請して、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。心から信用のできない人間と一生を共にするのはストレスは相当なものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。
それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求すると二人が別れることは間違いないでしょう。探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査する人の数にもよりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。当然ですが、調査員が少ない人数なら安く、多くなるほど高くなります。
また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認がいります。
自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は冷静でいることが難しくなってしまうかも知れません。
貴方自身が大丈夫だと信じていても、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が発生することも多いのです。
貴方自身のためにも、何よりも、証拠を入手するために、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。実際の浮気調査では、調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、2人で調査することが多いようです。
しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、再度考えて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。