日々の生活の中で、相手の行動をよ

日々の生活の中で、相手の行動をよく見ておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、言い逃れのできないような浮気の証拠を押さえるのには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。そして、探偵に頼む場合、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。
実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、額は低くなるのです。
さらに、不倫相手が不倫を認めない時には根拠が必要です。どの人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。
レシート、クレジットカードを調べると浮気のことがわかるものをつかむ事もあります。
まず、普段は利用しないようなよくコンビニエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、いつもその近くに向かっていることになるでしょう。
そこで逃さず見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる範囲のことは自分で前もって調査しておきたいものです。
調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。
パートナーの行動を毎日記録するようにすれば良いだけです。日々の仕事に出掛ける時間、帰宅してきた時間、電話で誰かと通話していれば、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。
浮気調査でなにより大事なのは、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。
浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の姿・年齢・氏名などを押さえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です