歯科医に歯磨き粉治療をすすめられるケース

歯科医に歯磨き粉治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しホワイトニング治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、他の治療法よりもホワイトニング治療がしっくりくると思います。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。歯科治療の中で、ホワイトニングとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。成功すれば満足感が大きいホワイトニング治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
他の歯科治療同様、歯磨き粉治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒ホワイトニング歯磨き粉は歯科医がおすすめしています